サラッコ/SARACCO

 
カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

SARACCO
サラッコ
サラッコの当主パオロ・サラッコは、モスカート・ダスティの名手として熱狂的に愛され、
  格別な扱いを受けている造り手です。
 代々モスカート・ダスティを作るサラッコ家の4代目で、1984年にアルバの醸造学校を卒業しました。
 父の代までは、そのモスカート・ダスティをタンクごとネゴシアンに売っていましたが、
 パオロの代になって元詰めを始めました。
 欧米での人気が高いため、ことさら新たなマーケットを必要としていなかったとのことでしたが、
 今回ようやく日本市場初入荷が決まりました。 
 「軽やかで、酸と果実味のバランスが良く、爽やかな甘さ」というと、
 表面的にしかその味わいが伝わらないのが残念ですが、
 一言でいえば、「センスが良い」ということでしょうか。
 「ビン詰め後、なるたけ早く飲みきること」というモスカート・ダスティの既成観念を破って、
 サラッコはビンのなかで熟成を続けるため、あわてずに楽しむこともできます。
 土曜日の昼下がりなどに単独で優雅にグラスを傾けたり、
 デザートの友またはデザート代わりに味わうというやり方が、私のお勧めです。 
 ティータイムのしゃれた飲み物や、アペリティフとしても、おおいに楽しめますし、
 桃やイチゴなどのフルーツとの相性も抜群です。
 なお、パオロが自らの楽しみのために造っている、少量のリースリングとシャルドネ、ピノ・ネロも秀逸です。
 マット・クレイマーは、『イタリアワインがわかる』(未訳)の中で、次のように述べています。
 「私にとって、モスカート・ダスティ最上の生産者は、パオロ・サラッコである。私の知るかぎりでは、
 サラッコのモスカートは、テクスチュアの濃密度と空中に張り渡されたロープのような優雅さを
 漂わせるという点にかけては、誰よりもキオネッティ夫人の作にちかい。
 味わいはすなわち、濃醇で密度が高く、フレッシュで純粋。
 サラッコは、モスカート・ダスティのベンチマークとなる生産者である」。ラシーヌの合田泰子さんのコメントから
更新日 10/16/2010
  
SOLDOUT!

サラッコ・モスカート・ダスティ2007
モスカート・ダスティ2007

soldout!
税抜価格¥2,360


サラッコ・モスカート・ダスティ2009
モスカート・ダスティ2009
*こういうワインは生活の中で絶対に必要ですね!
 甘くて最後に柑橘系の味わいでキレが有る。
 可愛らしい! 楽しい!美味しい!

5/11/2010試飲ワイン東京にて
 以前から取り扱っておりましたが2009年を試飲して、
 やっぱり美味しいなって....。
 食卓を楽しませるワインです。
 可愛らしい甘さの中にきれいな柑橘系の酸が主張します。
 デザートとしてたまらなく心地良さを残します。

soldout!
税抜価格¥2,140


maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ