パット・ルー/PATTES LOUP


カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

DOMAINE PATTES LOUP
ドメーヌ・パット・ルー
シャブリというアペラシオンはその名声の高さと世界的需要の為に、
 ほとんどの生産者が品質追及を放棄し、大量生産を行う怠惰な生産地域です。
 自然派という枠外であっても、秀逸なワインを造る生産者が稀の中、
 自然派の生産者となると壊滅的状況でした
 (唯一の例外は、著名なアリス エ・オリヴィ・エ・ド ムール)。
 そんな地域にあって、僅か2haほどの畑から、自然派ワイン造りを始めたのが、
 弱冠26歳(2008年現在)のトーマ ピコ氏です。彼の父もシャブリの生産者ですが、
 栽培 醸造は一般的で、農薬 培養酵母などを用いてワイン造りを行います。
 そんな環境にありながら、彼はなぜ自然派という方向性に目覚めたのでしょうか。
 その問いに対してピコ氏はこう語ります。
 「シャブリという地域は、多くの生産者が農薬や化学物質を用いています。
 ただ私は、私たちだけでなく、子供や次の世代の人のために土壌を守り、
 自然を守る必要があると思うのです。」
 そうして、彼が目指したのが農薬や化学肥料を用いない自然な栽培、
 そしてそれをいかした自然派ワイン造りでした。
 彼はまず、ブルゴーニュの自然派ワイン生産者ドミニク・ドゥランのもとへ研修に行きます。
 実は、彼の父とドミニク ドゥランは醸造学校時代の同級生でした。
 その頃からビオロジックやビオディナミに傾倒していたドミニクが、
 彼にとっての師匠となったのです。その経験を経てシャブリに戻り、
 祖父の所有していた畑を譲り受けてワイン造りを始めました。
 ドメーヌ名のパット・ルーは、所有している畑の通称「狼の足」から名付けられました。

 栽培は、ビオロジックを主体に一部でビオディナミを採用。
 2007年は5月から8月にかけて雨が多く、無農薬の彼の畑は当然病害の恐れがありました。
 しかし結果的に心配されていた病害は免れ、図らずも彼の畑の気候的条件や地形的条件が、
 ビオロジックに適したものであることがわかりました。
 このような天候に恵まれない年以外は施肥を行わず、剪定の段階から収量を制限して
 より凝縮した味わいのブドウを得ます。この収量制限という概念自体が、
 この地方ではあまりに一般的ではありません。彼の所有する畑は、
 シャブリの町から南に5キロ離れた標高320mのクルジ村に位置しており、
 シャブリのグランクリュ(130〜150m)よりも高い位置にあります。
 AOCシャブリの畑は、特徴的な石灰土壌に、ピコ氏自身が「ルージュ」と
 呼ぶ粘土質の土壌が加わり、そのため爽快なミネラル感に加え、
 厚みのある果実味がバランス良く得られます。また唯一の1級畑であるモンマンは、
 良好な日照と標高の高さからゆっくりとブドウが成熟し、複雑味と硬質なミネラル、
 長い余韻が得られます。

 収穫されたブドウは醸造所の2階でプヌマティック(空気式)の圧搾機によってプレスされ、 1階のステンレスタンクに重力を利用して移された後、
 ブドウの実に付く自然酵母で発酵させます(補糖や補酸は当然行いません)。
 シャブリはステンレスタンクで、1級のモンマンは木樽にて熟成を行い、
 熟成中にスーティラージュ(澱引き)を行い、目のかなり粗いフィルタを用いて濾過をした後 に瓶詰めされます。亜硫酸は必要に応じて少量用います。
 パット・ルーのワインの最大の魅力は、シャブリというアペラシオンに
 求められるイメージを損なわずに、自然派ワインのなめらかな飲み心地が楽しめる所です。
 石灰土壌由来のミネラル感がしっかりとあり、そこに芳醇な果実の旨みが加わります。
 全体のバランスが素晴らしく、トーマ ピコ氏の誠実で実直な人柄を
 そのまま瓶詰めしたような安定した味わいが楽しめます。
 野村ユニソンさん資料から
パット・ルー

更新日 5/25/2012
  
SOLDOUT!

パット・ルー・シャブリ1erCRUモンマン2007
シャブリ1erCRUモンマン2007
*思いのほか美味しかった、これシャブリ?クオリティ高過ぎます。
 ポテンシャルが高く抜栓後、1週間旨い状態を保ちます。
 2,3日目が一番美味しい状態でした!

*これはシャブリのカテゴリーに属しません。
 アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール以来の感動です。
3/24/2009試飲
 粘土がたっぷりで、蜜の要な印象、果実味の厚みと、
 その後に来る柑橘系な味わいが有ります。
 目の詰まった感じで、後口のキリッとしまった酸が余韻を膨らませます。
3/26/2009試飲
 綺麗でたっぷりとしたミネラルが全面に顔を出します。
 後ろにはほんのり柔らかな果実味がたまらなく美味しいです。


soldout!
税抜価格¥4,290


パット・ルー・シャブリ1erCRUボールガール2008
シャブリ1erCRUボールガール2008
*2008年と2009年の試飲が出来き、
 両方とも美味しかったのですが2008年が数段上!
 キリッと締まった旨味のある酸とミネラルが良い感じでキレを出しています。
 2009年は少し果実感が強く緩い感じがします。
 ただ美味しいんですけどね!
 2008年は素晴らしかった!

 品種:シャルドネ100%
 2008年ヴィンテージより父親がビオロジックを採用して
 栽培した区画のブドウを買い付けて生産。
 平均樹齢は30年、粘土石灰質とキリメジャンの
 この地域の典型的な土壌構成。
 パット・ルーの1級畑の中でも香ばしさと厚みのある果実味を
 感じるエキゾチックなワイン。梨やハチミツ、バターといった濃密な
 フレーバーに満ちており、旨みと複雑味のあるワインです。
 3〜4年の熟成を経てより一層のまろやかさのある味わいが期待できます。
 ステンレスタンクにて自然酵母で発酵、木樽熟成。
 スーティラージュを行い原則ノンフィルタで瓶詰め。
 亜硫酸は必要に応じて少量添加。
4/18/2012試飲
 久々に酸の締まったシャブリに出会いました。
 果実感も程良くミネラルもバランス良く締めておりますが、
 何と言っても酸が素晴らしい!硬質かつ品がある。福よかさも!
 インポーターは信頼の野村ユニソンさんです。

soldout!
税抜価格¥3,860



maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ