マウント・メアリー/MOUNT MARY


カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

MOUNT MARY
マウント・メアリー
ヤラヴァレーは、冷涼な気候の下におけるブドウ栽培の限界地と比べて、僅かに暖かく夏はより乾燥する場所である。
 オーストラリアでも比較的冷涼なことで知られるヴィクトリア州の中でも、
 Port Phillip湾からの影響を受ける場所は少ない。
 その特徴は1月の平均気温(北半球における7月)が低いことで、最も低いMacedon Ranges(マセドンレンジ)の
 17.2〜18.5度に次ぐ17.9〜19.4度、ボルドーやブルゴーニュよりも低い。
 冷涼な地中海性気候で、降雨は冬から早春にかけて集中。昼と夜、そして夏と冬の気温差がそれほど極端ではない。
 ディグリーデイズシステムによる積算気温は1,250〜1,352度で、ここからもかなり冷涼な地域であることが証明できる。
 地形は、丘陵地帯である。ワイン畑の多くはどちらかの方角を向いた斜面にあり、標高も50M〜400Mに至る。
 土壌は2種類に大別され、1つは古生代の地層からのもので小石を含んだ灰色〜褐色を帯びたローム質、
 1つは前者よりもかなり若い年代の赤土の火山性土壌で極めて排水性が高い。

 マウント・メアリーは、1972年に医師ジョン・ミドルトン(2006年12月に逝去)によって創業された。
 ボルドーとブルゴーニュを足して2で割ったような気候のヤラヴァレーでは、スイスからの移民によって
 1838年にワイナリーが設立された記録があり、栽培された品種もまたボルドーやブルゴーニュと同じだった。
 ジョン・ミドルトンは、1960年代後半にヨーロッパの主要なワイン産地、特にボルドーとブルゴーニュを
 中心に旅してワイン造りを学んだ。
 また、後にナパヴァレーでMayacamas Vineyardを立ち上げるボブ-トラヴァーと出会い、
 ボルドーによって確立された複数の品種をブレンドするワイン造りを追求していくことを決意した。
 以来、常にヤラヴァレーを代表する品質のワインを造り続けており、
 生産数が少なく入手が困難であることからも、伝説的な存在となっている。
更新日 7/24/2010

SOLDOUT!

マウント・メアリー・クィンテット2004 クィンテット2004
*何とここからオーストラリア!
 信じられないでしょ!森田屋がですよ!最近はイタリアも少ないのに!
 ただヴォルテックスの立野さんの感性を感じちゃったので
 仕入れてみました。
 でもそこいらのオーストラリアを入れるはずがないでしょ!
 売れる売れないは関係なくネ!

*オーストラリアで最も手に入らないワインにひとつ。
 まだ硬いですが持っておいて下さい。絶対に化けますよ!
 しかもとっても綺麗にネ!ご心配無く!
 決してニューワールド的ではありません。
6/19/2007テイスティング
 ニューワールド的な果実味やボディではなく、今のボルドーでもない。
 ボルドーのクラッシックな味わいに近いですが
 でもボルドーよりとてもクリアーな印象です。
 まだまだ硬い印象ですがとてもシャープに奥深く最後に優しい果実味が
 顔を出します。時間が経つとチャーミングになって行きそうな
 ブルゴーニュ好きの僕にも匂いますよ!
 カベルネソーヴィニヨン66%、カベルネフラン17%
 メルロー11%、マルベックとプティヴェルド各3%。

 2004年は最も理想的なヴィンテージの一つで、
 天気は良好であったにも関わらず暑くはならなかった。
 ブドウの生育は12月まで順調に進み、ブドウは完全に熟すことができた。
 一方で下がってしまいがちな酸との調和もとれており、
 タンニンのストラクチャーが理想的であった。

soldout!
税抜価格¥14,380


maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ