ドメーヌ・ジャン=マリー・べリュー/JEAN-MARIE BERRUX


カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

DOMAINE JEAN-MARIE BERRUX
ドメーヌ・ジャン=マリー・べリュー
昔からずっとワインファンだったべリュー氏のワインへの思いはどんどん増すばかり。
 その夢をぜひ実現したいと、1999年からワイン作りの世界に転身しました。
 アルボワとサン・ロマンのワイナリーで仕事をして腕を磨き、5年後の2004年に、
 ピュリニー・モンラッシェ村の近くにある0.25Haの「ブルゴーニュ・ブラン」の区画を取得して
 彼自身のドメーヌワインを初めて作ります。
 好きではじめた仕事だけに、品質へのこだわりはとても強いです。
 ドメーヌを立ち上げた直後で経営が厳しくても、収穫量を落として生産量より品質を追求します。
 この揺るぎのない姿勢はかなりの頑固さなくしては実行できません。
 ワインに極力ストレスを与えないで手作業で行うのが彼の理想です。
 そのべリュー氏自信の性格をつけたと言う「プティ・テチュ」というワインは、
 フランス語でずばり「小さな頑固者」という意味なのです。
 「白ワインは特に衛生が大事」という彼は、築500年の小さな古い醸造所を理想的な環境にするために
 手のあいた時間で一人で改装を続けています。
 今のところドメーヌワインは1アイテムだけですが、近い将来、家族からムルソー村のぶどう畑を引き継いで
 新しいキュヴェを作る予定です。
 また、住まいがあるサン・ロマン村では、大親友である醸造家から2007年のぶどうを買って
 ネゴシアンワインを生産し始めました。(インポーターのヴォルテックスさんの資料から)
更新日 4/12/2011

SOLDOUT!

ジャン=マリー・べリュー・ブルゴーニュ・ブラン・プティ・テチュ2006
ブルゴーニュ・ブラン・ル・プティ・テチュ2006
*森田屋を信じて下さい。
 これはACブルゴーニュではありません。
 その位、パフォーマンスは高いです。
 輸入元はヴォルテックス、立野さんです。
6/17/2008試飲
 まずは華やかな香りとフレッシュでピュアな酸味と
 ミネラル感がとっても印象的です。
 これってACブルゴーニュ?本当に?
 まだまだ硬いですがバランスと奥深さは
 村名以上のパフォーマンスを感じます。
 ジャン=マリー・べリューはただ者ではありません。
 2本買って1本はとって置いても面白いです。
 今回の一押しです。
 プティテチュとは、フランス語で「小さな頑固者」の意味です。
 畑はピュリニー・モンラッシェ村に近いコルポー地区の南南西向きで、
 表面は厚めの粘土質土壌。
 樹齢は平均35年。収穫は手づみ。収穫率50hl/ha。
 醸造及び熟成は圧搾後、木樽に入れて醗酵・熟成。新樽率は20%、
 その他は1〜3年の古樽。地下カーヴ内は気温12℃に常時保たれて、
 1〜1,5ヶ月かけてゆっくりとアルコール醗酵。
 もちろん天然酵母で醗酵です。
 熟成期間は10ヶ月、期間中1度だけバトナージュ。
 亜硫酸はビン詰め前に少量添加するだけ。

soldout!
税抜価格¥3,430


ジャン=マリー・べリュー・ブルゴーニュ・ブラン・プティ・テチュ2007
ブルゴーニュ・ブラン・ル・プティ・テチュ2007
*相変わらず2007年も美味しいです。
 2006年の強烈なピンクから白いエチケットに!
 これはACブルゴーニュではありません。
 その位、パフォーマンスは高いです。
 輸入元はヴォルテックス、立野さんです。

品種:シャルドネ100% 樹齢35年。
畑:ピュリニー・モンラッシェ村に近いコルポー地区の南南西向き。
  表面は厚めの粘土質土壌。
栽培:2007年からビオディナミ農法を導入し、
   数回ビオディナミの調剤を使用しました。
   2008年からビオディナミを実施。
収穫量:54hl/ha。
醸造・熟成:圧搾後、木樽に入れて醗酵・熟成。新樽率は10%、
      その他は1〜3年の古樽。補糖なし。
      地下カーヴ内は気温12℃に常時保たれて、
      4、5ヶ月かけてゆっくりとアルコール醗酵。
      天然酵母で醗酵。
      熟成期間は約10ヶ月、期間中に1度だけバトナージュ。
      亜硫酸はビン詰め前に少量添加するだけ。
特徴:2007年は、酸味が特に強いぶどうが出来た年です。
   キリッと締りがある酸とミネラル感が芯にあります。
   2006年より熟成スピードはやや遅めですが、
   熟成を迎えるとピュアさと繊細な風味が特長です。

   清澄やフィルターをしないため、ビン内に細かなオリが発生します。
   スーティラージュで樽(木)からステンレスタンク(金属)に
   移ったワインのストレスを和らげるため、
   タンクの底にアースを取り付けて静電気を逃がす
   独自のアイデアを実践。
   手順も決めてあるので、早朝から終日一人で
   (誰にも邪魔されない為)ワインの移し替えや樽の移動を
   機械(振動や電気の使用を減らすため)を使わず集中して行います。
   週に一度の補液の際もワインのストレス軽減の為、
   必要最低限の明かりの下で行い、水道管も水流によりイオンが
   発生するので除去しました。
   前年度の澱の部分で翌年のワインが入る直前に樽内をすすいでから
   使用します。これにより、「すすいだワインの酵母が
   新しいビンテージのワインの醗酵を助けてくれる」との考えです。
   2009年より築500年の家を改築した新しいセラーで
   ワインを造っています。
(インポーターのヴォルテックスさん2007年の資料から)
9/4/2009試飲
 まずは華やかな香りとフレッシュでピュアな
 グレープ・フルーツの様な酸味と心地よい苦み。
 ミネラル感の後には柔らかくふくよかな果実味がとっても印象的です。
 村名以上のパフォーマンスを感じます。
 ジャン=マリー・べリューはただ者ではありません。
 2本買って1本はとって置いても面白いです。
 今回の一押しです。

 プティテチュとは、フランス語で「小さな頑固者」の意味です。
 畑はピュリニー・モンラッシェ村に近いコルポー地区の南南西向きで、
 表面は厚めの粘土質土壌。
 樹齢は平均35年。収穫は手づみ。収穫率50hl/ha。
 醸造及び熟成は圧搾後、木樽に入れて醗酵・熟成。新樽率は20%、
 その他は1〜3年の古樽。地下カーヴ内は気温12℃に常時保たれて、
 1〜1,5ヶ月かけてゆっくりとアルコール醗酵。
 もちろん天然酵母で醗酵です。
 熟成期間は10ヶ月、期間中1度だけバトナージュ。
 亜硫酸はビン詰め前に少量添加するだけ。

soldout!
税抜価格¥3,430


ジャン=マリー・べリュー・ブルゴーニュ・ブラン・プティ・テチュ2008
ブルゴーニュ・ブラン・ル・プティ・テチュ2008
*本当にビックリの2008年
 ニュアンスは2006年を試飲時の印象に近いものでしたが、
 バランスとキレはこちらが上。
 2007年同様、ただのACブルゴーニュではありません。

品種:シャルドネ100% 樹齢36年。
畑:ピュリニー・モンラッシェ村に近いコルポー地区の南南西向き。
  表面は厚めの粘土質土壌。
栽培:2008年からビオディナミを実施
収穫量:47hl/ha。
醸造・熟成:圧搾後、木樽に入れてデブルバージュ。
      地下カーヴ内は気温12℃に常時保たれて、
      5〜6ヶ月かけてゆっくりとアルコール醗酵(週に1度補液)
      8月下旬 月が下がって行くときに澱引きし、
      小樽からステンレスタンクに移し替える。
      このとき小樽はワインにストレスがかからないよう機械を
      使わず一人で手で運ぶ。
      熟成期間は約6ヶ月。
      新樽率は10%、その他は1〜3年の古樽。補糖なし。
      天然酵母で醗酵。
      亜硫酸はビン詰め前に少量添加のみ。
特徴:2008年は、雨が多くきちんと作業をしないと
   良いブドウが取れなかった年。
   07年との違いは良い酸味ののった年が07年で、
   08年はより果実味の多い年です。

   2009年より築500年の家を改築した新しいセラーで
   ワインを造っています。
(インポーターのヴォルテックスさん2008年の資料から)
3/16/2010試飲
 ミネラルと切れ上がってくるフレッシュで品の良い酸、
 2007年とは印象の違う果実味の印象でクールなんですが
 口の中で転がしていると膨らんできます。
 透き通ったな硬水の様なキレの良い後口、
 2ランク上の印象で感動ものの凄い美味しいです。

soldout!
税抜価格¥3,430


ジャン=マリー・べリュー・ブルゴーニュ・ブラン・プティ・テチュ2009

ブルゴーニュ・ブラン・ル・プティ・テチュ2009
*大好きなジャン=マリー・べリュー、2009年も美味しい味わいでした。
 シャープな2008年に比べ、果実味をたっぷり感じる2009年、
 シャープな酸がキリッと締めております。
 輸入元はヴォルテックス、立野さんです。

 品種:シャルドネ100% 樹齢35年。
 畑:ピュリニー・モンラッシェ村に近いコルポー地区の南南西向き。
   表面は厚めの粘土質土壌。
 栽培:2008年からビオディナミを実施。
    コルポーの畑がビオロジックの認証「エコセール」を取得。
    ぶどうの生育状態をみると、病気の抵抗力が徐々に出てきており、
    ビオディナミ農業の効果が現われ始めた。
    そして出来上がったワインにミネラル感が
    豊かになってきたようだ。
 収穫量:40hl/ha。
 醸造・熟成:圧搾後、木樽に入れてデブルバージュ。
       地下カーヴ内は気温12℃に常時保たれて、
       5〜6ヶ月かけてゆっくりとアルコール醗酵(週に1度補液)
       8月下旬 月が下がって行くときに澱引きし、
       小樽からステンレスタンクに移し替える。
       このとき小樽はワインにストレスがかからないよう機械を
       使わず一人で手で運ぶ。
       熟成期間は約14ヶ月。
       新樽率は10%、その他は1〜6年の古樽。補糖なし。
       天然酵母で醗酵。
       亜硫酸はビン詰め前のスーティラージュの時に、
       一度だけごく少量添加する。
 特徴:2009年は、フレッシュな酸味を残しつつぶどうが成熟した年。
    8月中〜下旬の収穫まで晴天が続いたため、ぶどうの熟度が高く、
    濃縮感も高いので平年よりアルコール度は若干高め。
    しかし熟成期間の夜が涼しかったこと、
    8月上旬まで比較的涼しい天気だったことにより
    十分な酸味がのっている。
    しっかりしたみずみずしい酸味と、奥行きのある味わいが特徴。
    2009年より築500年の家を改築した
    新しいセラーでワインを造っています。
    (インポーターのヴォルテックスさん2009年の資料から)
2/23/2011試飲
 相変わらずの豊富なミネラルがベースに有りますが、
 たっぷりとした果実味は2009年の特徴かもしれません。
 ただ切れ上がってくる品の良い酸がエッジを締めてくれますので、
 飲み飽きず、バランス良く仕上がっております。

soldout!
税抜価格¥3,430


maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ