ドメーヌ・ド・ラ・ビュイシエール(ダヴィッド・モロー)/DOMAINE de la BUISSIERE(DAVID MOREAU)


カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

DOMAINE de la BUISSIERE(DAVID MOREAU)
ドメーヌ・ド・ラ・ビュイシエール(ダヴィッド・モロー)

地区、村:Santenay
 サントネ 造り手:David Moreau ダヴィッド・モロー
 サントネの固定観念をくつがえす驚くべき造り手が、
 世代交代に伴って彗星のように現れました。
 ダヴィッド・モロー、28歳。
 祖父ジャン・モローから2009年にドメーヌを相続した新世代です。
 アペラシオンを聞かずにブラインドで飲めば、シャンボール・ミュジニーか
 モレ・サンドニの1級産のワインと思っても無理はありません。
 素直で純粋で、テクスチュアがきめ細かくて優美きわまる印象。
 不自然に造りこんだ形跡はみじんもなく、よほど手練れの名手が
 難なくこしらえたような印象すら与えます。
 20数年にわたる私のブルゴーニュ通いを通じて、
 このような資質をあわせもつワインに私は出会ったことがないと断言できます。
 ダヴィッド本人については、まだ十分にはその人柄をつかみきっていないのですが、
 まっすぐに相手を見つめて話す様子から、思慮深い資質と、
 瞬時に決断ができる用意、しっかりとした日常の思考の深さと強さを感じました。
 祖父からドメーヌを継ぐやいなや、すぐさま大胆に栽培と醸造方法を変え、
 経験から学んだ方法を実行したからには、おそらくワイン造りに大切なことと
 してはいけないことが、明確にわかっていると思われます。
 サントネについては、赤ワインは、タニンが強くて土っぽく、荒々しい味わいで、
 せいぜい良質なものでも期待するほどのものでないと一般にいわれています。
 けれども、ダヴィッドのワインは、ブルゴーニュならではのピノ・ノワールの
 上質な魅力をたたえて、飲み手に深い喜びをもたらしてくれます。
 ダヴィッドは1999年、ボーヌの醸造学校に入学、ディジョン大学で
 エノロゴの資格を所有するまでの10年間、さまざまなドメーヌで経験を積みました。
 2003年のシャトー・ド・ボーカステルに始まり、
 2005年にニュージーランドにわたり、新世界のピノとシャルドネを学びました。
 ブルゴーニュではドメーヌ・ユベール・ラミ(2004年と2007年)と
 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(2008年)で修業しました。
 ドメーヌを受け継いだ直後から、自然な栽培に取り組んでいます。
 いつも思っていることですが、優れたワインの条件は、
 誰がどのように造るかであって、テロワールが優れていることは必ずしも
 最重要ではありません。むろん、優れたワインがさらに複雑さと奥行き、
 深い味わいを表現できるためには、テロワールの質や格がものをいう。
 とすれば、コート・ドールの最南端にある、
 ぱっとしないアペラシオンのマランジュとサントネのワインを、
 コート・ドールの優れたクリュのワインと比べるのは格違いだから、
 無理というもの。せいぜいのところカリテ・プリどまりで、
 いいヴィンテージの1級畑を選べばお買い得ぐらいなもの、
 ということになるでしょう。 しかし、ダヴィッドのワインを味わって、
 驚嘆せずにおれませんでした。ジャスパー・モリスは『ブルゴーニュワイン大全』の
 序章でもって、ブルゴーニュの精髄を体得していた巨人モーリス・ヒーリーの
 次の名言を引用しています。
 「私が人生で出会ったすばらしいものといえば、数本のみごとなブルゴーニュだ。
 別にグラン・クリュだったわけでもなく、偉大なヴィンテッジだったわけでもない。
 だがそのワインは最初のひとかぎだけで、造り手が、
 その年のその畑にできたブドウで、あらん限りの仕事をしおおせたことを
 如実に示していた」。 私にとってダヴィッドのワインは、
 まさに人生で出会った数本の見事なブルゴーニュです。
 ラシーヌ創立10周年を迎える今春、このようなワインをご紹介できることの幸せで、
 いま胸がいっぱいです。3月のリリース (予定)に、ぜひご期待ください。
 合田 泰子
 ドメーヌ解説: ダヴィッド・モローは1999年、ボーヌの専門学校で
 ワイン造りを本格的に学び始め、ディジョン大学でエノロゴの資格を
 所有するまでの10年間、さまざまなドメーヌで修業し経験を積んできました。
 2003年のシャトー・ド・ボーカステルに始まり、2005年には新世界のピノと
 シャルドネを知るためにニュージーランドへ渡りました。
 ブルゴーニュではドメーヌ・ユベール・ラミー(2004年と2007年)と
 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(2008年)で修業しました。
 ドメーヌを受け継いだ当初からより自然な栽培に取り組んでいます。
 収穫はすべて手摘み。野生酵母で発酵をおこない
 赤ワインは228リットルのバリック、白ワインは300リットルのバリックで醸造、
 熟成をおこないます。
 インポーのラシーヌさんの資料から

ダヴィッド・モロー
更新日 6/22/2017

ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2012
サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2012
*2011年素晴らしい味わいでしたが
 試飲が出来ていませんので試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいですネ!

 この畑の名前の由来はこのエリアの花から
 花粉を集める数千もの蜂(Mouches a` Miel=ミツバチ)から
 きています。
 ここは、フィロキセラ被害後、
 再栽植をおこなわずに数十年間も経ったにもかかわらず、
 自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、
 このドメーヌを象徴する区画となります。
 やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、
 山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。
 そのため、この区画のキュヴェはデリケートで
 なめらかなタンニンのワインとなります。
 畑:南東
 
栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.90ha
 仕立・整枝:ギュイヨ
     雹の被害の後、手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:35hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。
    野生酵母使用。12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間20日間のあいだ
    ピジャージュを一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。 
 インポーターはラシーヌさん。12本

現在庫は0本
税抜価格¥6,170

(消費税が別途加算)


ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・ルソー2012
サントネー1erCRUクロ・ルソー2012
*2011年素晴らしい味わいでしたが
 試飲が出来ていませんので試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいですネ!

*マランジュ2010年を試飲してラシーヌの合田さんが
 畑:南向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.45ha
 植栽:1967年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
 土壌:石灰岩層 【収穫】
 収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:30hl/ha
 醸造:95%を除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を7日間、
    マセレーション期間19日間のあいだピジャージュを
    一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:清澄なし、荒目にフィルターかけ。
 
 インポーターはラシーヌさん。12本

現在庫は4本
税抜価格¥5,290

(消費税が別途加算)


ダヴィッド・モロー・サントネー・キュヴェ・エス2011
サントネー・キュヴェ・エス2012
*2011年素晴らしい味わいでしたが
 試飲が出来ていませんので試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいですネ!

 南東向き 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:1965年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ 区画の1/3は雑草を残し、
    残りは耕す
 収穫日:2010年9月19日。健全な果実。少量が結実不良。
     手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:25hl/ha
 醸造:90%除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間21日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
 ビン詰: 2012年2月21日

 インポーターはラシーヌさんです。

現在庫は6本
税抜価格¥4,230

(消費税が別途加算)


ダヴィッド・モロー・コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2012
コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2012
*2011年素晴らしい味わいでしたが
 試飲が出来ていませんので試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいですネ!

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:区画 En Boichot :1985年、 
    区画 Les Champs Claude :1964年、
    
区画 Les Prarons :1964年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ
 収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 
収量:25hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    マセレーション期間14日間。
    ピジャージュ一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目にフィルターかけ。
 インポーターはラシーヌさんです。

現在庫は4本
税抜価格¥3,880

(消費税が別途加算)



ダヴィッド・モロー・サントネー・ブラン1erCRUボールペール2010
サントネー・ブラン1erCRUボールペール2010
*残念ながらこのキュヴェは試飲が出来ていませんので
 試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいです。

 畑:南向き
 栽培品種:シャルドネ
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.38ha
 植栽:1991年・1998年
 仕立・整枝:ギュイヨ
 収穫日:2010年9月18日。健全な果実。
     ほんの少し雹によるダメージのある房もあった。
 収量:45hl/ha
 醸造 圧搾:全房を空気圧式プレス圧搾、
      12時間タンク内に放置、野生酵母使用。
 アルコール発酵:2〜3か月
 熟成:17か月
 熟成方法:300lバレルに2/3量、ステンレスタンクに1/3量を仕込む。 
      30%の新樽使用。
 樽のロースト:弱火で長く。
 フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。
 ビン詰:2011年10月18日
 ラシーヌさんから 12本

現在庫は1本
税抜価格¥4,290

(消費税が別途加算)


ダヴィッド・モロー・サントネー・ブラン1erCRUボールペール2012
サントネー・ブラン1erCRUボールペール2012
*残念ながらこのキュヴェは試飲が出来ていませんので
 試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいです。

 畑:南向き
 栽培品種:シャルドネ
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.38ha
 植栽:1991年・1998年
 仕立・整枝:ギュイヨ
 収穫日:2010年9月18日。健全な果実。
     ほんの少し雹によるダメージのある房もあった。
 収量:45hl/ha
 醸造:圧搾:全房を空気圧式プレス圧搾、12時間タンク内に放置、野生酵母使用。
 アルコール発酵:2〜3か月
 熟成:17か月
 熟成方法:300lバレルに2/3量、ステンレスタンクに1/3量を仕込む。 
      30%の新樽使用。
 樽のロースト:弱火で長く。
 フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。
 ビン詰:2011年10月18日
 ラシーヌさんから 12本

現在庫は10本
税抜価格¥5,290

(消費税が別途加算)


ダヴィッド・モロー・サントネー・ブラン2011
サントネー・ブラン2011
*気持ちの良い粘度、とフニッシュのレモンの様な酸、
 とってもバランスが良いんだな〜!

 サシャーヌ・モンラッシェの隣に位置する
 Les Prarons(仏”prés longs”=長い畑)と
 呼ばれる区画があり、ここはシャルドネの栽培に理想的で、
 フルーティーでミネラルが感じられ、コクのあるワインになります。
 畑:南東
 栽培品種:シャルドネ
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 植栽:1965年  仕立・整枝:ギュイヨ
 土壌:石灰岩と粘土質。
 収量:45hl/ha
 醸造
 圧搾:全房を空気圧式プレス圧搾 
    12時間タンク内に放置 野生酵母使用。
 アルコール発酵:3週間。
 熟成
 期間:バレルで12か月
 方法:300l 
    バレルに20%、
    ステンレスタンクに80%の収量を仕込む。
 フィルター:荒目にフィルターをかけ、軽く清澄。
8/8/2013試飲
 ミネラルからくる少しとろみのある舌触りと厚み、
 枯れ草の様な印象、フニッシュにレモンの様な酸があります。
 口に含んだ瞬間からバランスの良い心地良さがあります。
 インポーターはラシーヌさん。12本

現在庫は8本
税抜価格¥3,620

(消費税が別途加算)



SOLDOUT!

ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2010
サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2010
*マランジュ2010年を試飲してラシーヌの合田さんが
 引いてきた理由が判りました。
 本当に素晴らしいクールな味わいです。
 果実の抽出の仕方がとても綺麗です。
 残念ながらこのキュヴェは試飲が出来ていませんので
 試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいです。

 この畑の名前の由来はこのエリアの花から
 花粉を集める数千もの蜂(Mouches a` Miel=ミツバチ)から
 きています。
 ここは、フィロキセラ被害後、再栽植をおこなわずに
 数十年間も経ったにもかかわらず、
 自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、
 このドメーヌを象徴する区画となります。
 やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、
 山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。
 そのため、この区画のキュヴェはデリケートで
 なめらかなタンニンのワインとなります。
 畑:南東
 
栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.90ha
 仕立・整枝:ギュイヨ
 収穫日:2010年9月14日。
     雹の被害の後、手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:35hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。
    野生酵母使用。12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間20日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。 フィルター:清澄は軽く、
 荒目にフィルターかけ。 
 ビン詰:2012年2月20日
 ラシーヌさんから 12本+12本+12本+12本+12本

12本追加
合計60本

soldout!

税抜価格¥4,800


ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2011
サントネー1erCRUクロ・デ・ムーシュ2011
*やっと試飲出来ました!
 優しい果実の凝縮とムチッとした粘度、
 それでいて重くなく旨味が乗っている。
 こりゃ美味しい!余韻もクリアで細く長い。
 やはりトップギュヴェだけのことはあります。
 亜硫酸塩を添加していても合田さんが止めない理由がよく判りますね!

 この畑の名前の由来はこのエリアの花から
 花粉を集める数千もの蜂(Mouches a` Miel=ミツバチ)から
 きています。
 ここは、フィロキセラ被害後、
 再栽植をおこなわずに数十年間も経ったにもかかわらず、
 自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、
 このドメーヌを象徴する区画となります。
 やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、
 山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。
 そのため、この区画のキュヴェはデリケートで
 なめらかなタンニンのワインとなります。
 畑:南東
 
栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.90ha
 仕立・整枝:ギュイヨ
     雹の被害の後、手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:35hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。
    野生酵母使用。12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間20日間のあいだ
    ピジャージュを一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 
熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:清澄は軽く、荒目にフィルターかけ。 
3/11/2014試飲
 やっぱり美味しかったです。
 リリースより7ヶ月後でやっと試飲出来ました。
 ボディの厚み、粘度があって延びるタンニンは綺麗に溶け込み、
 旨味とともにクールにフィニッシュを迎えます。
 本当に美味しいですね!
 インポーターはラシーヌさん。12本

soldout!
税抜価格¥4,710


ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・ルソー2010
サントネー1erCRUクロ・ルソー2010
*マランジュ2010年を試飲してラシーヌの合田さんが
 引いてきた理由が判りました。
 本当に素晴らしいクールな味わいです。
 果実の抽出の仕方がとても綺麗です。
 残念ながらこのキュヴェは試飲が出来ていませんので
 試飲次第至急アップ致します。
 ぜひ飲みたいです。
 *こちらも入荷数が少ないので1ケース追加しておきました。

 畑:南向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.45ha
 植栽:1967年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
 土壌:石灰岩層 【収穫】
 収穫日:2010年9月17日。健全な果実。少量が結実不良。
     手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:30hl/ha
 醸造:95%を除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を7日間、
    マセレーション期間19日間のあいだピジャージュを
    一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:清澄なし、荒目にフィルターかけ。
 ビン詰:2012年2月21日
 ラシーヌさんから 12本+12本

12本追加
合計24本

soldout!

税抜価格¥4,290


ダヴィッド・モロー・サントネー1erCRUクロ・ルソー2011
サントネー1erCRUクロ・ルソー2011
*これは美味しい。
 強過ぎずバランスの良い凝縮感と延びが良く切れ上がるタンニン。
 優しい果実の膨らみが全体を包み込んでいる印象!
 とっても緊張感のある素晴らしい味わいです。

*マランジュ2010年を試飲してラシーヌの合田さんが
 畑:南向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.45ha
 植栽:1967年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
 土壌:石灰岩層 【収穫】
 収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:30hl/ha
 醸造:95%を除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を7日間、
    マセレーション期間19日間のあいだピジャージュを
    一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:清澄なし、荒目にフィルターかけ。
 
8/8/2013試飲
 果実の福よかさが有りながらクールで、
 ピーンと張った緊張感がたまらなく美味しい!
 凝縮、複雑さのあるボディですがべたつかずクール。
 底にあるミネラルが効いてます。
 インポーターはラシーヌさん。12本

soldout!
税抜価格¥4,320


ダヴィッド・モロー・サントネー・キュヴェ・エス2010
サントネー・キュヴェ・エス2010
*中盤の心地良いボリュ—ム感とクリアーな酸はただ者じゃない印象です。
 南東向き 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:1965年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ 区画の1/3は雑草を残し、
    残りは耕す
 収穫日:2010年9月19日。健全な果実。少量が結実不良。
     手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:25hl/ha
 醸造:90%除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間21日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
 ビン詰: 2012年2月21日
3/13/2013試飲 
 中盤の優しいプラムの様な心地良い優しい果実感のボリュ—ム感と
 クリアーな酸はバランス良く心地良い。
 インポーターはラシーヌさんです。

12本追加
合計24本

soldout!

税抜価格¥3,770


ダヴィッド・モロー・サントネー・キュヴェ・エス2011
サントネー・キュヴェ・エス2011
*口に含むとチョコレートのニュアンスを感じます。
 杏の様な果実感とシャープなミネラルが相まって
 個人的にはこのバランス感覚がラインナップの中で一番お好みです。

*中盤の心地良いボリュ—ム感とクリアーな酸はただ者じゃない印象です。
 南東向き 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:1965年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ 区画の1/3は雑草を残し、
    残りは耕す
 収穫日:2010年9月19日。健全な果実。少量が結実不良。
     手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:25hl/ha
 醸造:90%除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    12〜15℃での一次発酵を6日間、
    マセレーション期間21日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
 ビン詰: 2012年2月21日
8/8/2013試飲 
 柔らかい果実感の中
に可愛らしいチョコレートのニュアンス、
 杏の様な味わいもあります。
 ミネラルが効いていて締まった印象で
 2012年のラインナップの隠れアイテムかもしれませんね!
 インポーターはラシーヌさんです。

soldout!
税抜価格¥3,460


ダヴィッド・モロー・コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2010
コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2010
*バランスの良い果実感とハーヴの様な余韻がたまらなく美味しい。

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:区画 En Boichot :1985年、 
    区画 Les Champs Claude :1964年、
    
区画 Les Prarons :1964年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ
 収穫日:2010年9月14日。9月12日の雹の被害により20%収量減、
     手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 
収量:25hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    マセレーション期間14日間。
    ピジャージュ一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目にフィルターかけ。
 ビン詰: 2012年2月20日
3/13/2013試飲 
 バランスよく心地良い果実感のボリュ—ム感と
 ハーヴの様な余韻がたまらなく美味しい。
 インポーターはラシーヌさんです。

soldout!
税抜価格¥3,090


ダヴィッド・モロー・コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2011
コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ2011
*スパイシーでキレのある酸が延びてくるいきいきとした味わいは、
 ハーブな感じもありお好みに仕上がっていて嬉しいです。

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:1ha
 植栽:区画 En Boichot :1985年、 
    区画 Les Champs Claude :1964年、
    
区画 Les Prarons :1964年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロワイヤ
 収穫日:手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 
収量:25hl/ha
 醸造:完全に除梗、フリーランマストを使用。野生酵母使用。
    マセレーション期間14日間。
    ピジャージュ一日一回を繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目にフィルターかけ。
8/8/2013試飲 
 ひとことで言うと「優しくスパイシー」。
 しかも尖っている訳ではなく締まっている感じのスパイシーさなので、
 後に控える心地良い果実感が綺麗に口の中に広がります。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

12本追加
合計60本

soldout!

税抜価格¥2,910


ダヴィッド・モロー・マランジュ2010
マランジュ2010
*コルクを抜いた瞬間から綺麗なアロマが漂ってきて
 少し魔法に掛かった様。
 口に含んでみてこのワインの素晴らしさを実感しました。
 まだ試飲していない上のキュヴェの想像がつきます。
 ブルゴーニュを探していた合田さんが見つけ出した◎の造り手です。
 個人的には今までマランジュに良い印象がなかったのが吹っ飛びました。
 素直に美味しい!買うべし!

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.55ha
 植栽:区画 Aux Roue`res :1948年-1949年、 
    区画 Le Goti :1949年、
    区画 Les Crevechets :1944年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ 【収穫】
 収穫日:2010年9月19日。5%を手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:40hl/ha
 醸造:95%除梗、フリーランマストを使用。自然酵母のみ。
    12〜15℃での一次発酵を5日間、
    マセレーション期間22日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
 ビン詰:2012年2月21日
3/7/2013試飲
 マランジュ2010年を試飲してラシーヌの合田さんが
 引いてきた理由が判りました。
 長い間、主力のブルゴーニュを探していた合田さんの
 お目にかなった造り手、まだ何処の色もついていません。
 味わいは本当に素晴らしいクール。
 しかも抽出された杏の様な魅力的な果実感、圧倒的なミネラル、
 なによりも延びのある酸がとても綺麗で
 キラキラとした緊張感を持続させます。
 上級のキュヴェを至急飲みたい衝動にかられました。
 思わず何アイテムか追加注文してしまいました。
 素直に美味しい!
 ラシーヌさんから 24本+24本+12本+12本+12本

12本追加しました。
合計84本
soldout!
税抜価格¥2,830


ダヴィッド・モロー・マランジュ2011
マランジュ2011
*2010年も大人気のだったマランジュ、
 試飲会で一番飲みたかったアイテムでしたが何故か出ておらず、
 各自で試飲してくれって言うところですかね。
 早速開けますと期待大のアロマ、
 口に含むとこれがムチっとしていい感じの果実感、
 少しザクロの様な印象、スパイシーさのある酸と
 綺麗なミネラルが延びてきます。
 キレが良くべたつかず細く長い余韻に突入します。
 シンプルにとっても美味しいブルゴーニュのピノって感じです。
 しかもこの価格でこのパフォーマンスですから....。
 合田さんは亜硫酸塩の量をもっと減らし欲しい様ですが、
 決して多い訳でもなくこのスタイルはこれで良いと思います。
 合田さんもそうは言っても気に入っている様だし、
 皆同じ方向性が良い訳じゃないですからね!
 美味しいのでぜひ買って下さい。

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.55ha
 植栽:区画 Aux Roue`res :1948年-1949年、 
    区画 Le Goti :1949年、
    区画 Les Crevechets :1944年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ 【収穫】
 収穫日:2010年9月19日。5%を手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:40hl/ha
 醸造:95%除梗、フリーランマストを使用。自然酵母のみ。
    12〜15℃での一次発酵を5日間、
    マセレーション期間22日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
 ビン詰:2012年2月21日
8/9/2013試飲
 マランジュ2010年が素晴らしかったので
 期待しない訳にはいきませんでした。
 試飲して美味しさは変わらず嬉しくなってきます。
 ムチっとした果実感にキレの良いシャープなミネラルとスパイシーな酸が
 溶け合って心地良いクールな余韻を演出しています。
 この価格帯でこのパフォーマンスを持っているブルゴーニュは
 殆ど無いんじゃないかな?単純に美味しいですよ!
 ラシーヌさんから 36本

soldout!
税抜価格¥2,740


ダヴィッド・モロー・マランジュ2012
マランジュ2012
*開けた瞬間の艶かしくワクワクするイチジクの様な芳醇な香り。
 ただ到着後すぐに試飲してしまった為、
 最初は硬く開かなかったですが、
 5分、10分後、どんどん変わり柔らかく旨さが爆発します。
 カチッとした果実感と切れ上がる酸があり、
 余韻のミントの印象で、キレが抜群です。

 畑:南東向き
 栽培品種:ピノ・ノワール
 台木:セレクション・マサールのみ
 植樹本数:10000株/ha
 自社畑面積:0.55ha
 植栽:区画 Aux Roue`res :1948年-1949年、 
    区画 Le Goti :1949年、
    区画 Les Crevechets :1944年
 仕立・整枝:コルドン・ド・ロヤ
【収穫】
 収穫日:2010年9月19日。5%を手摘みで仕分けしながら収穫し、
     醸造所に運んだ後手作業で選別。
 収量:40hl/ha
 醸造:95%除梗、フリーランマストを使用。自然酵母のみ。
    12〜15℃での一次発酵を5日間、
    マセレーション期間22日間のあいだピジャージュを
    一日一回繰り返し、
    その後マセレーション終了まで軽くポンピング・オーヴァーする。
 熟成:バレルで17か月 30%の新樽使用。
 樽のロースト: 弱火で長く。
 フィルター:荒目のフィルター。
11/10/2014試飲
 2012年は果実感が乗っていて凝縮した感じですが、
 ミントの様なニュアンスとキレの良さがあり
 とっても綺麗な仕上がりです。
 フィニッシュから余韻に掛けてのクールな印象が心地良いです。
 ラシーヌさんから 12本

soldout!
税抜価格¥3,880


maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ