カンポグランデ/AZIENDA AGRICOLA CAMPOGRANDE

 
カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

AZIENDA AGRICOLA CAMPOGRANDE
アズィエンダ・アグリコーラ・カンポグランデ
そうそうたる共同のオーナー、エリオ・アルターレ、アントニオ・ボナンニ、マルコ・デ・グラツィア。
 その中のアントーニオ・ボナンニは以前、パオロ・フェッレーガラと、ボナンニ・フェッレーガラと言うドメーヌで、
 エリオ・アルターレのプロデュースのもとチンクエ・テッレのBFとBFシャッケトラという
  2つのキュヴェを造っておりました。
 今回はエリオ・アルターレがもっと深く関わった様で、チンクエ・テッレに通い続けたそうです。
 ボナンニ・フェッレーガラの2004年のワインに対してのアルターレのコメントが有ります。
 「30年前、ピエモンテは大変貧しかった。いまや200人を超える造り手が良いワインを造るようになり、
 ワインのおかげで暮らしが豊かになった。私の経験を若い人に伝えることが今の私の一番の喜びだ。
 私は大きな家も、別荘も、車もいらない。人のために役立つこと以上の幸せが、ほかにあるだろうか。
 チンクエ・テッレは、人の手が入り、ブドウ栽培が永続して初めて、美しい景観が保全される。
 そのためには、優れたワインが生まれなければならない。レヴェルの低いお土産品であってはならない。
 BFが優れたワインを造れば、この地全体のワインが正しく評価され、商品価値が上がれば、
 ブドウ畑の景観は保全されていくだろう。」
 アズィエンダ・アグリコーラ・カンポグランデは、もっと深くチンクエ・テッレに踏み込んだ
 エリオ・アルターレの思い入れと値熱意を感じるでしょう!
 インポーターのラシーヌさんの資料を参考に
更新日 7/31/2010

SOLDOUT!

カンポグランデ・チンクエ・テッレ2008
チンクエ・テッレ2008
*ラシーヌのM君のいち押しワインです。
 エリオ・アルターレが醸造等に深く関わっていて相当凄いらしい。
 まだ飲んでおりませんが信用してまっせ!


 畑の面積: 約2ヘクタール
 ブドウ品種: ボスコ90%、アルバローラ10%
 植樹年:1930年、1950年、2004年
 土壌:非常に小石が多く、砂利などの割合が高い。
    保水力に乏しい。
 栽培方法:ギュイヨ仕立ておよび、ペルゴーラ仕立て
 植樹本数:1haあたり15,000〜16,000本
 収量:1haあたり30〜35キンタル
    (搾汁率70%で21〜24.5ヘクトリットル)
 耕作方法:ブドウ樹の列の間には草をはやしておく
 収穫:夏の間にグリーン・ハーヴェストを行う。
    収穫はおおよそ8月末から9月中旬あたりまで
    収穫は手摘みで行われる。
 醸造方法:赤ワインのような作り方。つまり、温度管理を行ないながら、
      4日間果皮とともに醗酵を行なった後、圧搾する。
      マロラクティック醗酵も起こり、ステンレスタンクにて熟成。
      濾過や安定化処理は行なわない。
 色調:緑色の反射光を生み出す麦わら色がかった黄
 味わい:その味わいはリースリングを思わせる。ミネラル分が強く、
    残糖は無し。味わい深く、余韻が長い。
 香り:花のよう
 料理とあわせて:手の込んだ魚料理や甲殻類と
 総生産本数:5,600本

soldout!
税抜価格¥7,290


maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ