ル・マス・ダガリ/DOMAINE Le MAS D'AGALIS


カゴの中身をみる
  topへ戻る

もりたや

DOMAINE Le MAS D'AGALIS
ドメーヌ・ル・マス・ダガリ
ラングドック地方の街ベジエから北へ20kmほど北上した緩やかな丘の中腹に
 ネビアン村があり、その村の外れ に「ル・マス・ダガリ」、
 リオネル・モレルのドメーヌがあります。
 畑の総面積24ha、そのうちの4haをリオネルが100%管理ています。
 南西に面した緩やかな傾斜をもって広がるブドウ畑は、
 galets roules(シャトー・ヌフ・デュ・パプの土壌と同じ)と
 呼ばれる角のとれた楕円形の石がごろごろと点在する。
 夏の暑く乾燥が著しい地中海の気候により
 ボリュームのある力強いワインを生み出す。

 歴史
 現オーナーであるリオネルの家系は昔からブドウ栽培農家を続けており、
 彼は4代目にあたる。
 彼の曾祖父にあたる初代オーナーの時代には一時期、
 ドメーヌとして自社ワインを造っていたそうだが、
 ワイン農協が村にできたことを期に、カーヴでの仕込みを止め、
 以降、彼の祖父、父親の世代はブドウ栽培農家一本で生計を立ててきた。
 リオネルがワインの世界に入ったのは1998年。
 最初は父親の下でブドウ作りを学び、2000年に父親の勧めで紹介された、
 父の友人であり、また自然派ワインの大物でもある
 ディディエ・バラルの下で修行したことがきっかけで、
 彼は自然派ワインの世界没頭する。
 以降、ディディエ・バラルの紹介を受け、
 2001年にはアルザスのジェラール・シュレール、
 2002年にはローヌのティエリ・アルマン、
 2003年にはロワールのシャトー・ド・スロンドと
 名だたる作り手たちを歩きまわった。
 2004年に父親の畑から4haを譲り受け、ドメーヌを起ち上げるに至る。

 生産者
 現在、リオネルは父親の所有する24haの畑の中から
 厳選した4haを1人で管理している。
 (父親はリオネルとは別に20haの畑を、農協用のブドウ畑として
 社員と共に管理している。)
 彼の選んだ品種は、カリニャン、グルナッシュ、ムールヴェードル、
 シラーと全て赤ワイン品種で、樹齢は10~15年。
 彼の畑の約半分を占めるカリニャンに至っては65年の歳月が経っている。
 2004年にドメーヌ「ル・マス・ダガリ」を起ち上げると同時に、
 50年以上使用されていなかった曾祖父のカーヴを全面改装した。
 垂直圧搾機等、当時の道具で使えるものは修理して再利用し、
 出来るだけ昔ながらのナチュラルなワインを再現出来るよう努力している。
 ヴァンクールさんの資料から。
マス・ダガリ
更新日 11/4/2017

SOLDOUT!

ル・マス・ダガリ・ヴァン・ド・フランス・ブラン・キュヴェ・ル・グラン・カレ2013
ヴァン・ド・フランス・ブラン・キュヴェ・ル・グラン・カレ2013
*桃、花梨、青リンゴもあるかな?
 柔かい口当たりにス〜とミントの様な爽快なニュアンスの
 コントラストで気持ち良い味わいです。
 個人的にル・マス・ダガリは好みではありませんが白は美味しいぞ!

 品種:テレブラン50%、シュナンブラン30%、
    クレレット15%、ロール5%。
 樹齢:6年〜8年
 醗酵:自然醗酵、ホーロータンクで15日間。
 熟成:95%ホーロータンク、5%古樽で6ヶ月。
 マセラシオン:なし。
 収穫日、収穫量:9月5,6日。(テレブラン10月1,2日。)
         収量は45hl/ha。
 土壌:楕円形の石混じりの石灰質・粘土質
 「ル・グラン・カレ」はリヨネルの祖父が大切にしていた畑の区画名です。
 SO2は瓶詰め時に15mg/L添加。
 軽度なフィルター処理を行っている。
8/26/2015試飲
 延びが良く綺麗な液体は桃、花梨でメリハリがあり、
 キレ切れ上がるリズムの良い味わいはフィニッシュまで続きます。

 インポーターはヴァンクールさんです。12本

soldout!
税抜価格¥2,350



maillist.gif

ブルゴーニュ・ニュイNo1ブルゴーニュ・ニュイNo2ブルゴーニュ・ボーヌブルゴーニュ・ブランNo1
ブルゴーニュ・ブランNo2ボルドーNo1ボルドーNo2ボルドー・ブランロワールシャンパーニュ
アルザスローヌフランスその他ピエモンテトスカーナNo1トスカーナNo2イタリアその他
ドイツスペインアメリカオーストラリアその他の国デイリー新着メーリングリスト

ブルゴーニュ生産者別リスト
イタリア生産者別リスト
フランス地方別生産者別リスト(ボルドー、ロワール、シャンパーニュその他)
その他の国の生産者別リスト(スペイン、アメリカ、オーストラリア,日本その他)

■御注文
お支払い・配送方法
■お問い合わせ


トップへ